« 男らしさは女の中にしかない | トップページ | ワイドレンズ »

人生は、だまし だまし

女の中の男らしさ、乙女が内包する残酷さなんかについてはもう色々と書いたから、

今日はいい男について書いてみよう

いい男とは、何だ?

Dining_room

ポール・シニャック<ダイニングルーム>1886-87

…こういうときは田辺聖子先生に訊いてみよう…

いい男とは、可愛げのある男である。

田辺聖子『人生は、だまし だまし』角川書店、2005

なるほど。でもアタイ、折れてばかりで可愛いだけの人ってあんまり好きじゃないんだけど。

 この<可愛げ>はちょっと説明が要るだろう。

男も女に劣らず、この人生を相渉るということは大変だが、(並べ方の順番が違うと文句をいう男性もあるべし)

それでもなぜか、人に好かれる男あり。

 それらを見るところ、あまり突出した主義信条、趣味嗜好に固執しない男のようである。

といって、なんでもかんでも融通して折れてしまうというのも魅力がない。男はそんなに円熟しなくてもよい。角熟でよい。

ウイスキーの銘柄にありそう

男の沽券というのがあるが、ときどき

それを出して見せたらよい。

定期券みたいなものだ。

私は<男の沽券定期券説>である。

必要な時だけコートの懐からスッと出して、

またサッと仕舞うわけですな、さすが田辺先生。

田辺先生はいい男の条件としてほどのよさ

も付け加えられています

ほどのよさとは

行動や思案の限界や汐どき、見当をつけること

であるそうです

これが結構難しいそうで…

はっ!そうなんです

いつも私の頭を悩ませること

それは記事を最後どう結ぶかということ

というか、最近良いオチがなかなか浮かびませんねん!

(弱音ダダ漏れ、というのも良い男の条件だそうですから許して~)

まぁそろそろこの記事も結びに入れということですな…

人生は、だまし だまし

まさに今この状況!

読者のみなさま、

こんな感じでだましだまし、愉しんで生きて参りましょうpresent

|

« 男らしさは女の中にしかない | トップページ | ワイドレンズ »

本・詩」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
昨日は遊びにきてくださってありがとうございました。
(さっき、こちらにコメントさせていただいたのですが、うちのPCがいまいちで、途中でエラーになってしまいました。もしかして二重投稿になっていたら、ごめんなさい>汗)

わぁ、田辺聖子さん♪いっつもいいことおっしゃいますよねぇ。エッセイでは、なるほど!と視界が開けるし、小説では、これこれ、こんなん読みたかってん!!とゴロゴロ転がりたくなるし。


「角熟でよい」

あはは、ほんとだ。ウィスキーの銘柄になりそうですね(笑)

「男の沽券定期券」組で、「行動や思案の限界や汐どき、見当をつける」ことのできる男性は、きっと家でも職場でも国家運営でも上手にこなしますよね。
(政治家こそ、こういう男を切望しますわ~)

男を磨く、女を磨くって、〇〇力をUPする!なんてことじゃなく、こういう部分を身に付けていくということですよね。田辺作品は、ほんと人生のやりかた、楽しみかたのお手本がいっぱいですね♪

kisaraさん、いつもすてきな記事を書いてくださってありがとうございます。おかげで、弛緩しっぱなしのワタシの脳がいろいろ考えることを思い出せます(#^.^#)

投稿: 武田 | 2014年2月27日 (木) 23時29分

男の沽券定期券組sign01
さすが武田さん~

そうですね、こういう組の人が増えてくれたら日本も
もっと円滑かつハッピーに回っていきそうです
残念ながら日本の多くの男性はひまわり組とかネコ組cat?とかですけどね~

田辺さんの本を開けば、どんなときも人生の隠れていた宝箱が開く感じがいたします
武田さんのコメントやブログにもそんな感慨を覚えますshine

投稿: kisara | 2014年2月28日 (金) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男らしさは女の中にしかない | トップページ | ワイドレンズ »