« 2015年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2015年12月

Paris to Love

絵,音楽,料理,映画

これは,と思うものは

たいていフランス産

特にフランス映画には,どの国にも真似できない

独特の世界観が織り込まれている

初めてアメリをみたときは本当にびっくりした

まず主人公がウェイトレスとフリーター。

映画がいくら進んでも,2人が差し向かいで会話することすらあまりない

脇を固めるのは

元恋人の働くカフェに通い詰める男,売れない小説家,昔駅員だったなごりで庭の葉に穴を空けてしまうおじいさん,出会う人は自分で選びたい引き籠りの絵描き

涙を煽る派手な演出はない

ただそこにあるのは,

愛すべき人々と,パリの街並み

そして,存在感を消して映画の為だけに存在している音楽

Yann Tiersenの紡ぎ出す旋律は,何度聴いても不思議と飽きない

探してみたらアメリのサウンドトラックの他にも,名曲がたくさん見つかりました

特に最初のMouvement introductif

イントロダクションというよりメイン料理並みの逸品

パリの人々の心に,平和と安らぎが戻ることを心より願います

I pray for all the people in Paris being hurt.

|

« 2015年8月 | トップページ | 2016年10月 »